乳がん治療を直ぐに発見、有効な免疫細胞療法

doctor

肝臓がんの治療

切らない肝臓がんの治療法があります

women doctor

肝臓がんの治療で最近広く行なわれているのが、ラジオ波による療法です。この方法では、肝臓がんの部分に直接電極を埋め込み、ラジオ波でがんを焼いてしまいます。こうした治療法は、切除を行なわないことから体にはより負担が少ないとされているのです。通常1週間から10日程度で退院できるため、入院期間もより短縮出来ます。万が一がんを取り残した場合にも、ラジオ波療法の場合には再治療を行なうことが可能です。肝臓がんは完全な切除が難しい場合が多く、これまでは治療が難航していたケースも少なくありませんでした。こうしたラジオ波による療法を行なう医療機関を受診することで、より負担を軽減した肝臓がん治療が受けられるのです。

ラジオ波での治療には健康保険が適用されています

ラジオ波による肝臓がん治療には、現在健康保険が適用されます。そのため、通常は38万円程かかる治療費が、約9万円程度の自己負担で済む訳です。検査のための費用は別途かかりますが、治療自体にかかる費用が抑えられたことでこの治療にトライする方も増えているのです。他の治療法と比較しても、然程高額という訳ではないため、最近はこのラジオ波による治療が肝臓がん治療の有力な選択肢となっています。抗がん剤を使用した化学療法の場合には、副作用も大きく通院で行なう場合にも治療費は決して安いとは言えません。得られる効果には個人差もあり、ある程度の体力の低下が避けられない場合も多いのです。そのような状況を考えると、ラジオ波による治療はメリットが大きいと言えます。